スポンサードリンク

FXシステムトレードの魅力について



■FXが誕生した背景


FXとはForeign Exchangeの略です。


日本語では外国為替証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ばれています。


1998年に金融ビックバンの一環として外為法が改正されました。


これにより一般の個人でもF外国為替取引が可能となりました。


実は1998年以前は一般の個人投資家が為替を取引することはできませんでした。


基本的にFX取引で利益を生み出す構造は外貨預金と同じです。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■レバレッジの仕組について


円高で相対的に外貨が安くなりますので、外貨を買い、円安になれば外貨を売ることで、
為替差益で儲けることができますので、仕組み自体は非常にシンプルです。


FXは、まず資金(保証金)を為替取引会社に担保として預け入れることで外国為替取引を
行ないます。その担保の倍率はは、取引する取引会社や証券会社によって異なります。


これを「レバレッジ」と呼び、直訳すると「テコ」の意味になります。

これを知らずに外貨投資・FXをやってはいけない






■感情が取引を難しくする

たとえば、総取引金額をその10%を保証金として預けると、実際には10倍のボリュームで
取引をすることができるため、得られる利益も10倍になるんです。


反対に損失を被る場面では損失も10倍となってしまうわけですから、リスク管理(損切り)
を徹底しなければなりません。しかし、これが口で言うほど簡単ではありません。


なぜなら人間には感情があるからです。その時々の心理状態に左右されてしまいますので、
適切な取引が出来ないことも多々あるわけです。これが大きなデメリットとなります。





■システムトレードが有利な点


ですので、こうした感情に一切支配されないシステムトレードが有利なんです。


勿論メンテナンスを日々行わなければなりません。


ですので、システムを買ってほったらかしというわけにはいきません。


しかし遥かに精神衛生的に良いトレードが可能となります。


何よりトレードそのもの安定させることが可能です。


それが直収益に反映される点が大きな魅力です!




>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 18:42 | FXの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。