スポンサードリンク

FXの方が株よりシステムトレードに合う


ついにFRBは公定歩合を0.75%に引き上げました。米国内だけでなく世界中からドル安が続いている
ことを非難されていたので、ようやくといったところでしょうか。しかし、金融不安が解消されるわけでは
ありません。ですので、今後も不安定な相場展開が続くことになりそうです。


そんな中、今回はFXとシステムトレードの相性について簡単ではございますが解説させていただきたい
と思います。システムトレードに限らず株式投資とFXを裁量トレードした上で、FX取引のもっとも大きな
メリットとしてあげられるのが、実際に取引できる銘柄の少なさです。


株式投資の場合は、東京証券取引所に上場している銘柄だけでも2400社以上あります。この中から
自分にあった銘柄を探すだけでも相当骨の折れる作業です。


しかし、FXの場合は主要通貨、マイナー通貨を全て合わせても数十しかありませんので、極端な話、
全ての通貨を日替わりに投資することもできるわけです。全ての通貨を実際に取引してみて、相場の
クセを掴んだ上で、常時トレードする銘柄を選んでもいいわけです。


しかし、株式投資の場合、東証だけに限定してもこうしたことは、不可能とはいいませんが、難しいです。
単純に日替わりで投資した場合は5年以上かかってしまいますので、最初に取引した銘柄のことは、
もはや記憶にすらありません(恐らく途中で挫折すると思います・・・)


単純にこうした面だけとっても株式投資よりもFXの方がトレードしやすいです。実際に個人投資家との
相性も良いですし、こういった点がシステムトレードにも大きく反映されます。

>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。