スポンサードリンク

大きな売りは二度に渡り繰り返される

 
相場のパターンの一つとして、大きな売りの後にはもう一度大きな
売りが高い確率でやってきます。理由としてあげられるのは保有
されているポジションを強制的に決済されてしまうからです。



株式の例で説明した方が分りやすいと思います。信用取引で追証
が発生しますので、買い建てたポジションを半ば強制的に整理さ
せられてしまいますので、大きな売りにつながります。



今回破綻することになりましたリーマン・ブラザーズはゴールドマン
サックス、モルガンスタンレー、メリルリンチに続く全米第4位の証券
会社だったのですが、信用度は決して低くありません。



過去数年間で業績を大きく伸ばしたのですが、皮肉にもその要因
となったのが、サブプライムローンなどの住宅ローン債券です。



結果的にこれらの損失額が予想以上のスピードで拡大したことに
よってリーマン・ブラザーズは自ら幕を下ろしました。



多くの金融アナリストが、リーマンブラザーズの評価を下げながら
も破綻することはないとレポートしていただけに市場でのショック
はやはり計り知れないものがあります。



全米第4位といっても日本の大手証券会社トップ5社が束になって
もかなわないくらい大きな規模なので、残念ながら今後大きな影響
が世界中の金融市場を襲うことになると思います。
 
 
 
既に財務省はリーマンブラザーズが落札した1200億円分の国債
が発行できないため資金調達で苦しめられています。
 
 
 
今回のような大きなマイナス材料によって大きく値を下げた場合は
高い確率で大きな売りが発生するということを念頭にシステムを組
まれることをお勧めいたします。

>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 22:16 | FXの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。