スポンサードリンク

FXで利益が発生する仕組みについて

 

今回は基本にかえって、FX(外国為替証拠金取引)で具体的に利益
が発生する仕組みについて解説させて頂きます。


※手数料、税金等は今回の計算に入れていません。


例)1,000ドルの外貨預金を行う場合、(1ドル=100円とします)

 ※外貨預金の場合
 
 100円(1ドル)×1000ドル=10万円の資金が必要です。

 
 ※FX(外国為替証拠金取引)の場合

 レバレッジを10倍にすると

 100円(1ドル)×1000ドル÷10=1万円の保証金を収める
 ことで、10万円と同等のボリュームのある取引が可能です。


 (取引会社によって1万通貨以上でないと認められない所も
  ありますので、事前に調べる必要があります。)



 外貨預金と同じように、実際には1000ドル相当の取引を
  しているので、仮に1ドル=110円の円安になると、


 (110円−100円)×1000ドル=1万円の利益がでます。



 外貨預金の場合は10万円の資金を使って1万円ですから、1割
  しか利益を得ることが出来ません。



 しかし、FX(外国為替証拠金取引)なら1万円で1万円の利益が
 出せることから倍になるというわけです。



 勿論、予想に反して、1ドル=90円の円高になれば損も1万円
 なので、FXはレバレッジを掛けることによってその分ハイリスク
 ハイリターンの投資になりますので注意が必要です。



外貨預金と為替差益がでる基本的な仕組みは似ていますが、外貨
預金以上にFXは注意するべき点も多いです。



しかし、FXシステムトレードとの相性は良い上に株式投資などと異
なり極端に銘柄数が少ないので分析する上でも楽です。



>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 13:53 | FXの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。