スポンサードリンク

レバレッジとは?

FX(外国為替証拠金取引)と聞いただけで”恐い”
イメージを持たれる方も多いかと思います。


何故、FX(外国為替証拠金取引)に対して悪いイメージを
をもたれる方が多いかと言えば、レバレッジを掛けすぎて
身分不相応の投資をした為に自己破産者が多発したため、
マスコミで騒がれたからなんですよね。

実際、レバレッジを掛けなければ、為替リスクのみですし、
外貨預金と違って、すぐに決済出来るんで、危なくなれば
簡単に引っ込める事が出来るんです。


ただ、FX(外国為替証拠金取引)も限らず、仕事でも、投資
でも、やはり自分をコントロール出来ないと大変です。

で、今日はレバレッジについてです。

以前も解説させて頂いた通り、FX(外国為替証拠金取引)の
特徴として、「資金効率の高さ」が挙げられます。

例えば、1ドル=110円の時、1万ドル(110万円相当)の
取引をを小額の保証金(例えば50,000円)で持てるとすると、
実際に使用している資金に対して20倍以上の取引をしている
ことになります。

この何倍の取引をしているかを指すのがレバレッジと呼ばれ、
直訳すると”テコの原理のテコ”に当たる意味です。

上述した例の場合、レバレッジ(倍率)は約22倍となります。

小額の資金で大きな取引が行なえるFX(外国為替証拠金取引)
では、大きな利益が期待できるのですが、ここだけは、今後も
何度も、言わせて頂きたいのですが、予想とは逆に相場が動く
と大きな損失が発生するリスクも当然あるんです。


FX(外国為替証拠金取引)を始めるならリスク管理は絶対です。


---------------------------------------------------------------------------

投資は、かならず自己責任の範囲でお願いします。

掲載された文章・情報につきましても、必ずご自身で実際に
ご確認頂けますようお願いします。当方では利用者の損害に
つきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXシステムトレードでFX初心者もガッポリ儲かる

>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 15:41 | FXの基本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。