スポンサードリンク

外貨MMFの特徴について


【FXで始めるシステムトレード入門】


外貨MMFとは、外国の国債、公社債など、格付が高く短期間の金融商品
を組み合わせることによって運用されるのが一般的とされております。


米ドル建てMMF、ユーロ建てMMFなどといった形で、通貨ごとに種類が
分けられており、外貨建の金融商品で運用するMMFと考えていただけれ
ば理解しやすいのではないかと思います。


基本的には、外貨建の金融商品となっておりますので、米ドルもしくは
ユーロなどに一旦両替したあとに購入します。


また、売却時には円に戻す流れとなっております。


円に両替せずに、売却後に外貨預金として運用することもできます。


購入可能最低金額が比較的低いことと、換金も自由におこなえるので、
ある意味、外貨預金よりも分りやすい金融商品かもしれません。


外貨MMFは日本円のMMFや外貨普通預金より金利が高いのが特徴です。


そして、購入した外貨MMFを換金した際に円高になった場合は、外貨預金
と同じく元本割れする為替差損を生じるリスクがございます。



応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




(注)投資は、かならず自己責任の範囲でお願いします。

掲載された文章・情報につきましても、必ずご自身で実際に、
ご確認頂けますようお願いします。当方では利用者の損害に
つきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXで始めるシステムトレード入門トップへ

>> スキャルピングFXプロ 凄さの秘密は? <<


posted by FX取引でFXシステムトレード at 15:54 | Comment(0) | その他の外貨建て金融商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。